見出し 代表メッセージ


 「荒れた竹林!」「雑木林を征服した竹!」「失われた生物の多様性!」……
 最近、竹に関するこんな報道を目にし、耳にすることが多くなりました。
  かつて日本の風景を代表した美しい竹林が、今では邪魔者扱いされています。
  この最大の要因は、私たちの暮らしから、また意識の中から竹が消え、竹への無知や無関心が広がったことにあるのではないでしょうか。
 まずは一人一人が暮らしの中に、また意識の中に竹を取り戻し、そして出来る範囲で竹林の再生を始めること、それが問題解決の第一歩に 日本の竹ファンクラブは、そうした一人一人の思いや活動をつなぎます。
  そして、竹問題について広く国民に訴えかけ、美しい日本の竹と文化を守り、次代に継承していくことを目指します。
 一人一人の力は小さくても、仲間が増えれば世論や社会を動かす大きな力となります。是非あなたもこの輪に加わり、21世紀の新しい竹文化を共に創造していきましょう。

 

 

特定非営利活動法人         
日本の竹ファンクラブ理事長 平石眞司


見出し 事業


 

竹林の里親制度

概要図
 
荒廃した竹林をお持ちの地主・地権者の方へ!

 

竹取協力隊

 
竹林保全活動を実践したいボランティアの方へ!

 

竹の学校

 
竹の伝統文化や技能を学びたい方へ!

 

竹取援農隊

 
少人数で組織し地域専従型で竹林の整備と育成にあたる

 

まちづくり

 

竹林の活用法でお困りの自治体・施設の方へ!

 

協働・受託

 

竹林再生の妙案をお探しの自治体・企業の方へ!

 

都市農村交流

 

放置竹林の再生でお困りの地方自治体、地権者の方へ


見出し 組織

 

1.会員(平成29年4月1日現在)

  正会員 ------------------ 131名(内 竹取協力隊員 109名)
  準会員 ------------------ 10名(内 竹取協力隊員 9名)
  賛助会員 ------------------ 個人20名(内 竹取協力隊員 3名)
        団体  2
        法人  3

2.事務局

  総会・理事会の決定に基づいた活動計画作成、年間活動・業務を各地のフィールド責任者と分担・協力しながら進めている。
(事務局スタッフ常勤2名が交代で担当および非常勤3名)

3.本部打合せ(理事会)

重要事項原案の決定、計画の推進詳細決定、会報(日本のファンクラブ通信)とイベントチラシなどの発行など。

4.支部の運営

 

各地の竹林フィールド責任者(支部長)が、事務局と協力し、竹取協力隊員と共に運営している。(神奈川県5か所、静岡県1か所)

5.総会

  前年度事業報告並びに収支決算報告、当該年度事業計画 並びに収支予算書など決定する。

 

Copyright (C) 日本の竹ファンクラブ . All Rights Reserved.